アートオブウォー2

TV
この記事は約2分で読めます。

アートオブウォー2を見てみた。

[amazonjs asin=”B002V14RIW” locale=”JP” title=”アート・オブ・ウォー2 DVD”]

安定した流れだけどやはりスティーブン・セガールなどに比べて体術が少ないかな。

陰謀に巻き込まれるとかありきたりでこれは仕方ないんだけど、どうも見せ場がないというか普通というか・・・

デモリションマンの時はあんなに激しかったのに大人になったら落ち着いたものですな。

この頃はヒャッハーしてたのになw

元国連秘密保安機関のスペシャル・エージェントだったニール・ショーは、仲間の裏切りにより窮地に追い込まれたのを機に諜報の世界からの引退を決意し、ニューヨークを去る。過去を捨てたショーはナイジェル・ストーンと名を変えて、ハリウッドのアクション映画のアドバイザーとして平穏な日々を送っていた。そんな中、かつてのマーシャルアーツの恩師マザーことダニエル・モーリス・クレメンツの訃報が届く。葬儀の場でマザーの娘・メリナから恩師の死にはショーの過去が関係していることを教えられる。一方、政界進出の野心を抱くアクションスター、ジョン・ギャレットは自分の映画のアドバイザーとして働くショーに女性スキャンダルのもみ消しを依頼する。これを機に再び諜報の世界に身を投じ、凄腕ハッカーのアレックス・ハーン、ショーの国連時代の先輩エージェント、ティム神父らかつての仲間たちとともにマザーの死とギャレットの件についての調査を進めていくうちに、上院軍事委員会を牛耳る大物政治家フィリップス議員と大手軍需産業ライカー社のサラス会長の対装甲超小型ミサイルガン導入に絡む汚職事件と、その背後に潜む国家レベルの陰謀が浮かび上がるのだった。真相を追うショーたちの前に立ちふさがる強大な敵に対し、特殊戦闘能力「アート・オブ・ウォー」を極めた男の眠れる闘争本能が再び目覚める。

情報源: アート・オブ・ウォー2 – Wikipedia

感想をどうぞ
  • よかった (0.0%)
  • 普通 (0.0%)
  • 悪かった (0.0%)
5

ストーリー

5.0/10

キャラ

5.0/10

良いところ

  • 体術

コメント

タイトルとURLをコピーしました