ヘルレイザー7 ワールド・オブ・ペイン

洋画
この記事は約2分で読めます。

ヘルレイザー7 ワールド・オブ・ペインを見てみた。

[amazonjs asin=”B000E0VPN2″ locale=”JP” title=”ヘルレイザー ワールド・オブ・ペイン DVD”]

う~ん迷走まっしぐら。

今回は記者メインで進むけどやはりピンヘッドはサイドで見守る語り部なのでパッとしないんだよな。

てかまた触ってるしw

ま~触らないと開かないので話し進まないからしゃーないけど、こっちもナイトメア的な作りで記者さんの苦労が楽しめるんだけどこれがまた三文芝居というか可哀想になってくるね。

火曜サスペンスとしか言いようが無いな。

B級どころかCよりも堕ちてくな(;´Д`)

しかし痛みがないというのも怖いな。

自分が生きてるか死んでるかもわからんのだからな。

 

 

エイミー・クラインはロンドンのアンダーグラウンド新聞社で働く、潜入取材を得意とするジャーナリスト。 彼女は上司のチャールズに、匿名で送られてきたというビデオを見せられる。 そのビデオには、ベッドでこめかみを撃ち抜きピストル自殺した人物が蘇生するというシーンが映っていた。 特撮かといぶかるエイミーに、チャールズは「デッダー」というグループとの関連を示唆し、調査するよう命じる。 エイミーは、ビデオの送り元の住所であるルーマニアのブカレストに向かう。 しかし、彼女がその住所の部屋で見つけたのは、便器に座ったままの送り主、マーラの死体だった。

情報源: ヘル・レイザー – Wikipedia
情報源: ヘルレイザー2 – Wikipedia
情報源: ヘルレイザー3 – Wikipedia
情報源: ヘルレイザー4 – Wikipedia
情報源: ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ – Wikipedia
情報源: ヘルレイザー リターン・オブ・ナイトメア – Wikipedia
情報源: ヘルレイザー ワールド・オブ・ペイン – Wikipedia

感想をどうぞ
  • よかった (0.0%)
  • 普通 (0.0%)
  • 悪かった (0.0%)
3.5

ストーリー

3.5/10

キャラ

3.5/10

良いところ

  • 痛みがない

悪いところ

  • またピンヘッドがサブ
  • 泣いてばかり
  • 何がノ~~~w

コメント

タイトルとURLをコピーしました