47RONIN

洋画
この記事は約3分で読めます。

47RONINをhuluで見てみた。

[amazonjs asin=”B00LO7YC9I” locale=”JP” title=”47RONIN Blu-ray”]

出演者が豪華だな~。
初めて見るしこんなのあったのも知らなかったけど、キアヌ・リーブス、真田広之、柴咲コウ、浅野忠信、赤西仁、菊地凛子、おいおい顔ぶれすごいな。

日本では全然人気出なかったみたいだけどなんでだろうか?


やはり毎年定番でTV局が特番として作りまくって飽きられたのか?それとも日本史実のデリケートな部分だからなのかな?

13112801_47_Ronin_37

CGとかも素晴らしいし衣装も豪華で駄目なとこが見つからんけどな?

天狗の里のシーンとかもすごいし表現力が桁外れなんだけどな。

 

大石内蔵助を筆頭とする侍の集団に守られた、豊かな土地を持つ赤穂の国。その領内には頭部に天狗につけられた傷を持つという異邦人「カイ」が暮らしていた。カイは少年のときに、領内で行き倒れていたところを赤穂の城主である浅野内匠頭に救い出され、また浅野の娘であるミカに世話を受けたことに恩義を感じ常々親子の力になりたいと思っていたが、その日本人離れした容姿から侍となることは叶わず、侍たちからは獣以下の粗末な扱いを受け続ける。
時の将軍である綱吉が赤穂の国を訪れることとなり、浅野と家来の侍たちは家の名誉にかけて将軍を迎えるべく準備を進める。一方、赤穂の隣国を領地に持つ吉良は、豊かな赤穂を自分の領地とする機会を伺う。吉良は妖術を使う側室のミヅキの力を使い、浅野を術で錯乱させて吉良へ切りかからせる。将軍の裁きによって浅野を切腹に追い込み、ミカを浅野の喪が明ける1年後に正室として迎え、赤穂を併呑する手筈を整える。吉良によって侍たちの筆頭格である大石は地下牢に軟禁され、侍たちは浪人に身をやつし、カイは奴隷として出島に売りとばされる。
1年後、大石は地下牢から解放され、ミカの婚姻まで残り1週間しかないこと、カイが奴隷として売り払われたこと、侍たちは赤穂から追放されたこと等を息子の主税から聞く。ミカを救い主君の仇である吉良を討つべく、主税には散り散りになった浪人を集めさせる。自身は出島で剣闘士まがいのことをさせられているカイを救い出し、仇討ちへの協力を取り付ける。
大石、45人の浪人たち、大石の息子主税は一堂に会し、仇討ちを誓い合う。そして、疎まれていたカイも47人目の仲間として認められた。
カイは浪人たちとともに天狗の里へ訪れる。カイは天狗に拾われ、剣術や妖術、この世の理などを教わったという。カイは育ての親である天狗に刀を譲るよう依頼する。天狗はカイの力を試し、決心の強さを確認すると、カイたちに刀を授ける。

情報源: 47RONIN – Wikipedia

感想をどうぞ
  • よかった (0.0%)
  • 普通 (100.0%)
  • 悪かった (0.0%)
7

ストーリー

6.5/10

出演者

7.5/10

良いところ

  • ハリウッド版の忠臣蔵

コメント

タイトルとURLをコピーしました